大分県豊後高田市の花屋 「花れん」 豊後高田市で花屋をお探しなら大分県豊後高田市にある花れんをご利用ください。

お誕生日・お供え花・ご葬儀花、お祝いなどの花束、アレンジメント、胡蝶蘭、スタンド花など幅広く取り扱っております。フラワーギフトなら花キューピット加盟店におまかせください。

2017年08月10日 7:36 PM

花を供える理由

花を供える理由

それは、故人や先祖の魂が花に宿るからです。

日本のお盆の起源は古神道にあります。

元来、仏教の思想は輪廻・悟り・生き方です。

日本での仏教は東アジア地域共通の先祖供養もあり、

現在の日本のお盆は仏教の盂蘭盆会と日本古来の先祖供養がミックスされた形式です。

蓮の花

仏教で大切な蓮の花、

エジプト時代にも重要視されました。

仏教では蓮や花の生き方が尊いとされました。

エジプト時代、蓮は神格化されたり「再生」の象徴ともされました。

日本での供え花は菊がメインとして扱われています。

日本には四季があり、四季折々の花を供える事が良いとされました。

供え花は生け花の原点です。

さかのぼると、お正月飾りのように植物をたてて、

神を招く儀式が生け花の起源ではないかとも言われています。

古来、日本の神道では先祖の魂や精霊は自然や植物に宿るとされています。

仏教のご位牌は、江戸末期から庶民に広まりだしたと言われています。

盂蘭盆会での先祖供養は餓鬼界の先祖を救うとされ、盆棚(精霊棚)下部に御膳を供えます。

地域、宗旨宗派にもよりますが、

お盆の先祖供養は故人・先祖をもてなす事も含まれているので、供物の食事や果物や菓子を供え、

家路を迷わないよう明りの提灯を飾り、迎え火送り火を焚いたり、花を供えます。

位牌や遺影の左右には生花を飾ります。

鉢花・造花、リザーブドフラワーを飾る事は供物であり、 贈る側 飾る側の気持であり、好みの問題で、

故人や先祖を敬い,もてなす気持ちとして何の問題もないはずです。

正直、

故人や先祖がどのような気持ちなのか、何に宿るかは死なないとわかりませんが、

古来、日本では

故人や先祖は自然に、

植物や花に宿るとされました。

合掌



この記事のコメントは受け付けていません。


花れん

フラワーギフト・プレゼントのことなら、大分県豊後高田市の花キューピット加盟店
大分県豊後高田市高田1842−1
定休日:正月4日間、日曜(予約可・行事営業)、祝日(予約可・行事営業)休

お花はココロの贈り物

電話番号0978-24-3295
[当店が直接配達できる地域]:

豊後高田市(下記除く)、宇佐市(出光・岩崎・和気・青森・苅宇田・横田・西木)

※上記、地域以外へのフラワーギフト配達はできませんのでご了承ください。
  • お電話OK



お花の贈り物のことなら、「花れん」(大分県豊後高田市) におまかせください。

お誕生日・各種お祝いやプレゼント、お悔やみ、お供えなどのお花の贈り物。ご用途に応じたフラワーギフトを、当店のスタッフが心を込めておつくりします。
大分県豊後高田市へのお花(フラワーギフト・プレゼント)のお届けは、信頼と安心のお花のネットワーク。花キューピット加盟店「花れん」におまかせください。